板井明生が考える福岡経済の未来

板井明生|隣県との関係

 

板井明生

 

 

福岡の隣県の中でも熊本県との関係性はどうだろう?

 

現在の福岡県は熊本県よりも人口が約2.5倍多い。
しかし郷土愛の強さから時折、どちらの県も都市の規模でライバル視していると私は思う。

 

現在は九州の大都市といえば福岡だが、実は明治〜昭和初期頃くらいにかけて熊本が九州一番の大都市だったことがある。これは九州の真ん中に熊本県が位置していたため、九州で一番栄えたと言えるだろう。

 

だから未だに昔の名残から官公庁の出先機関の一部や大きな自衛隊本部は熊本にある。
人口比率でいうと熊本の公務員の比率は他県より高いといえる。
有名企業で言うとNTTが熊本県にはある。昔は福岡から熊本に仕事を探しに来た人も多い。
このことから、今現在もかつて一番栄えた熊本と福岡がライバル視するのは納得がいく。

 

私はライバルの存在はお互いを奮い立たせ、いい影響を及ぼすと考えている。

 

福岡県と熊本県の戦いは今後も続き、どちらの県も益々盛り上がっていくだろう。